ガラケーからガラホへ(その1)

3Gの停波まで、まだ少し時間的猶予はあるのだが、古い契約の方がランニングコストが高止まりするので、この機会に乗り換えを行った。


ガラホの電力消費特性が気になるところではあるが、NETを使わなければ、そこそこ持つのではないかと・・・


さて、その手続きなのだが、このコロナ禍の最中である。各キャリアは全てWebでの手続きができることを喧伝している。


で、早速、できるかどうかを試してみた。


結果は・・・


できないのである。


確かにやりようはあるのだが、店頭と同条件にならない。(優良誤認とまでは言わないが・・・)


Webで機種変はできる。


問題は新プランだ。


今回は、NETを一切使わない契約にしたいわけなのだが、それができない。


スマホは既にデータ通信専用で複数台を稼働させているので、わざわざスマホに乗り換える選択肢はなく、
ガラホ一択でNETは要らない。


で、どうかというと、一旦NET付きのプランを選択し、これを外すということならできる。


ちょっと待ってほしい。


ということは、NETを即解約しても料金が発生するってこと・・・なのだ。


大した金額ではないとタカを括っていると、意外な状態が起きる。


まず、NETの料金は接続するという契約に対し¥300である。(KDDI)


な〜んだ・・・ではないのである。


それにデータ利用のプランがついてまわる。


ダブル定額でMin(10MBまで)¥500なのである。


ガラホはガラケーとは違い、バックグラウンドの通信が頻繁に行われる。(設定次第だが不可避のものもある)


なので、うっかりやらかすと、あれってことになる。


速攻、NETを解約しても¥800かかる仕組みになっている。


店頭では、NETを選ばない選択ができるので、この料金は一切発生しない。


これで、同じって言えるかね?


家族でやろうものなら・・・x人数分だ。これは看過できる事態ではないだろう。


というわけで、Webで予約をし、店頭に出向いて機種変を行なった。


やはり、蜜を避けるのに人数制限されているのは快適だな。予約時間ぴったりにスタートした。


コロナ禍以前は、予約した時間に入店しても1時間、ひどい時には2時間近く待たされたものだ。


それと、圧倒的に人数が少ない。Waitingで1組いるかどうかなのだ。(飛び込みがないのが効いているのだろう)


ただ、店頭だと、手続き時間は長い。なんだかんだで、1時間強を要した。


これは改善の余地があるだろう。Webと同じサービスレベルで良いはずだ。


商品を検品させた上に動作チェックまで・・・これWebからの申し込みだと、ロジから出庫して宅急便で届くだけだ。


店頭で、手厚くやる理由などほとんどない。(過剰サービスでしかないだろうし、やたら拘束時間を長くするだけで、さしたる意味はない)


っていうか、Webでも同じ手続きができるようにしろよ・・・である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント