ハイブリッドカー考

最近、高齢者ドライバーによる事故が多い。


踏み間違い・・・


この時、ニュースをよく見ると、ほぼハイブリッドカーなのである。


高齢者に対して警告すべきは、「モーターの加速性を甘く見るな」である。


エンジンなら、轟音を轟かせるような事態であろうとも、モーターはさほど大きな音もせず、エンジンのそれよりも加速してしまう。


一旦スピードに乗ったら、もうどうすることもできない。


また、加速時に音が大きくない=周囲に警告を発するような状況が生まれない。


つまり、気づきにくく気づかれにくいということが言えないだろうか?


一瞬が差を生む世界でこれは大きなボトルネックと言える。


つまり、踏み間違いのリスクが高まる高齢者はハイブリッドカーをはじめとする電気自動車を選択すべきではないのではなかろうか?


踏み間違いでの抑止装置があるなら別として、でも、過信は禁物である。


出足の差は、それほどに違う。


これは、街中を走っていて気づくことである。


最近、出足でよく煽られる。(ような感じがする)


これ、みんなモーターのせいである。


いずれにせよ、昔の面倒な機構(マニュアル)の方が安全だったのかもしれない。


少なくとも停止するにはクラッチを踏みブレーキを踏みしなければエンストを起こす。


つまり完全停止する。エンジンがかかった状態はニュートラルにしていなければ維持できない。


また、クラッチを踏まなければ(電子式は除くが)、ギアを入れることすらできないから、駆動はかからない。


クラッチを踏まずにギアを入れようとすれば、激しくギアの擦れる音がしてギアは入らないし、
その音が周囲に轟くので恥ずかしい思いをする。


クラッチ操作が伴うということはアクセル操作とリンクしなくてはならないので、いきなり全開というような事態も生じにくい。


改めて、技術がもたらした利便性の裏にリスクがあったということになろうか・・・


それと、ハイブリッド車の泣き所の一つとして、事故状態にある車に迂闊に近ずけないことである。


道義的には救援救助を考えるべきなのだが、システム停止していない状態で漏電でもしていようものなら、触った瞬間に感電事故は必至である。


これ、以外に周知されていない。


ということもあり、(超)高齢化時代を迎えるにあたり、今一度、電池駆動の車というものを考え直す必要は
ないだろうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック