ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも、バイヤーか?・・・その13

<<   作成日時 : 2017/03/19 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日のように、得体の知れない事象に出くわす・・・


コンプラ担当ながら、バイヤーのスキルに疑問を持つ事が多い。


今日もまた、繰り広げられるおバカな話・・・


これ、笑えない。


TGIF


そう、事件はいつも週末の定時間間際に起きる。


相談があると・・・17:05


弊社の終業は17:15。あと10分というところで、相談にきた輩がいる。


最初は、部下が相談を受けていたのだが、あまりの酷さに助け舟を求められた。


納期変更が必要になった事案があるという。それも、その日が納期日というもの。


顧客から、都合が悪くなったので、日程変更を求められたとのことだ。(ま、そう言うことはしょっちゅうある。)


顧客手配の装置が未入荷で、受注しているシステムとの接続テストができないときた。


ただ、それが、納期前2日のことで、受けた担当がメールを見落としていたんだとか・・・ っていうか、期末近くで外回りが多くメールを見れていなかった。


当日に言うんじゃないよ・・・


で、変更したい事項ってのが注文仕様書に記載がない。(外部に仕様書があるかどうかまでの確認に至ってないと言う点で、相談に来る前に確認してこいよ、プロだろが・・・?  である。実際、その装置の関係で工事が入るようなので、仕様書は間違いなく存在するはずなのだが・・・なにせ、客先側の工事なので、微妙といえば微妙。)


こういうケースでの問題は、親会社と子(親から見ると孫)会社が通じていて間に入った自社がツンボ桟敷の状態に置かれることなのだ。


現場は、自社含めそこにいるから事情がわかるのだが、営業に話が通じてないってことがままある。


子会社の方は、やはり現場にいるから情報は入っていて、できないことは了解していると言う。


でだ、振り回されるのは、営業と調達という図式。


なんとかならんもんかね?


情報伝達の不備が不毛な時間を増やす。当事者たちはどこ吹く風で、スタフが振り回されてる。


そのコストを考えたことがあるのか?


で、結論は、納期変更を進めることにした。(いつ入荷するかのめどは立てろよということで・・・)


いずれにしても、今回の事案は、担当バイヤーが見積明細の項目と発注仕様の関係性をきちんと見ていないことに起因していた。(疑問に思わないという点が、経験不足なのか、単なるへぼなのか・・・)


1年目だから仕方がない?(とはいえ、50代。配転で、お前バイヤーやれってやつだ・・・適性も何もあったものではなく、御都合主義の口合わせで・・・ こんなことだから、猫以下の扱いになる*)


*:士農工商犬猫資材(序列を自虐的に云ったもので、某S○○○社のかたから聞いた話)



そんなこんなで、1日が終わっていく。


一段落したところで、いつものように思うわけである。


それでもバイヤーかよ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも、バイヤーか?・・・その13 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる