ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS キッチンの吊り戸棚の蝶番を交換してみた

<<   作成日時 : 2016/12/11 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キッチンの吊り戸棚の蝶番(スライド蝶番)をダンパー付きに交換してみた。


既存の蝶番はキャッチ付きなので、バタンと閉まる。


最後のところをゆっくり閉まるようにしたいと、嫁のリクエストがあり、ダンパー付きに交換してみた。


今時は、本体部分にダンパーが内蔵されていて、スライド蝶番を取り付けるだけのシンプルさだ。


以前、IKEAのMETODを組んだ時は、スライド蝶番に後付けでダンパーユニットを取り付けた。


その時に、BESTÅの蝶番はダンパー内蔵で、カップ部分にダンパーが仕込まれていた。(現在もそのようだ)


で、先のリクエストが出た際に、IKEAのものを使用しようと思ったのだが、プッシュオープンの機構も込みで1セット(蝶番x2、プッシュオープンx1)¥1,000になっている。


プッシュオープンは要らないので、IKEAのものではロスが出る・・・ということで、蝶番のみでググってみた。


スガツネに良さげなのがあったのだが、モノは試しで近隣のホームセンターに買い物ついでに出かけた。


スガツネ以外にも良さげのがあったのだが、それが、2個¥700弱で買えた。


ということで、早速、吊り戸棚の蝶番を全取っ替えした。


既存のカップの止めネジ部分とネジ穴位置が微妙に異なるため、既存の穴は竹串で塞ぐ。


外れないよう木工ボンドで処理しておく。


で、完成。


ダンパーのおかげで最後のところがゆっくりしまってくれる。(バタンという音はしない)


交換取り付けは、プラスドライバーのみで行うことができる。(欲を言えば、ネジの下穴開けのためにドリルも欲しいところだ)


もし、DIYでダンパー付きに交換する場合は、カップの大きさなど現状のものをきちんと把握してから行うようにすると良いだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キッチンの吊り戸棚の蝶番を交換してみた ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる