ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ失格・・・その13

<<   作成日時 : 2016/06/04 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎度のことながら、ホント、考えさせられることが多い。

そして、思うわけだ。

こいつ(ら)、プロなのか?

久しぶりに、このネタを書こうと思う。


ま、とにかく忙しかったわけで、&とてもじゃないがブログに晒せるようなお気軽なネタがなかったのは事実。


そっ、ディープな世界にいるわけなんだな・・・


最近、つとに思うのが、同僚、または部下の考え方が大丈夫なのかってこと。


ある事象があるとする。


そこから見出せる課題にアプローチしなさいと言った時、皆はどうするのだろう?


なぜなぜ分析でもやる?


だが、それは、よほど訓練できてないと、似非な答えしか導き出せない。


でだ、その事象の当事者にヒアリングをするわけだが、質問の準備の仕方がちょいとヤバイ・・・


誘導尋問になるような質問をすると、相手は楽して乗っかってくる。


それで、満足してしまっているきらいがあるのだ。


また、時系列も重要で、何かが起きた時には、その事象は、必然的に起きているか、偶発的に起きているかを見極める必要があるが、そのためには経過(イベント)を時系列に並べる必要がある。


誰がいつ何をやらかしたのか・・・


これが、結構、難しいわけだな。


実際、ヒアリング結果のメモを見ても、時系列に事象が並んでないときた・・・


毎度のように、口を酸っぱくして、言っているのにである・・・


まあ、実際には人の動作が克明に記録されているならともかく、ほとんどが記憶に頼らざるをえないわけだから、やむをえない部分はあるのだが・・・


でも、アプローチ方法はあるのだ。


こういった時には、何かその対象者の若しくは一連の事態の特別なイベントの前後で考え、想定される時系列を仮定する。

質問時には、これこれこういったことはこの前に起きましたか、それとも後ですか?って聞くわけ。


で、そこで導き出した事象の時間軸上の発生点を仮定する。あくまでも仮定なわけ・・・


で、ようやく、事態の全容がおぼろげながら見えてくると、次は人の行動に移る。


なぜ、この(その)人はそうしたのかという理由をたどる。


これも厄介で、多くの場合、「今までそうやってきた」というものが多いのである。


では、なぜ、今までそうやってきたのか?・・・ってことをたどる必要が出てくる。


こういった場合、当事者はほとんど意識していないので、難航するわけだ。


一番手強いのが、業務の引き継ぎで、前任者からそうするということを習ったというもの。


自身の行動に根拠がなく、わけもわからずに踏襲したオペレーションをしている・・・


少しは、考えろよ・・・である。(それでサラリーもらってんだろ? プロなんだよな?)


とまぁ、こんなことが毎日起こっちゃたまらんわけだが、それに近い状態が続いてた。


これじゃあねぇ・・・プロ失格だよなぁ・・・


そんなこんなで、今日も一日が終わった。何だかなー(阿藤快の心境)である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ失格・・・その13 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる