ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS CC308+ 盗聴器発見器

<<   作成日時 : 2016/03/06 00:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

密林でCC308+なる盗聴器発見装置を買った。

これ。

画像


レビューを見ると、使い方がわからないというものばかりで参考にならなかったのだが、一歩、密林から出ると、使用方法を端的に解説したサイト(英語)があった。


まぁ、英文の説明書が付いているので読めばわかると思うが、理系でないとイミフな言葉が出てくる。

日本人だとボリュームと言いたくなる箇所だが、ポテンショメータと記述している。

各部の名称でもポテンショメータと記述されているが、なにぶん粗い説明書?で、吹き出しの位置がずれており、どこ?なに?となってしまうきらいがなきにしもあらず。(下の横から見た図の中央の少し右寄りに5本線の表示のある部分の上の部分にボリュームがある)

横から見た図

画像



ということで、使い方。


電源スイッチをONにする。(スイッチはOFF、ON、バイブの3段階になっているので真ん中にする)

工場出荷時はボリューム(装置の側面についている)がMAXになっているので、LEDが全部(4つ)点灯し、アラーム音が鳴り響く状態になっている。


多分、皆さん、ここで心が折れる。(レビューを見た傾向的な所見)


ひるまず、ここから、ボリュームを絞っていく。

そして、LEDが1つ点灯する状態で、アラーム音がジーと鳴る状態にする。(個人的にはこれが使いやすい)

アンテナは伸ばしても収納した状態でも構わない。(感度との相関はあるので、説明書には伸ばすよう指示がある)

まぁ、精神衛生上は伸ばしておくのがよかろう。

調整後に伸ばすと、LEDの点灯とアラーム音に変化が起きるはずなので、ボリュームを再調整。

LEDが1つ点灯し、アラーム音がジーと鳴る状態にする。


そうしたら、準備完了で、部屋中をゆっくり歩きまわる。


壁(特にコンセント周り)、天井、テーブルや椅子などの什器、置物等々仕掛けられそうな箇所にアンテナを向けていく。


ちなみに、拙宅では無線LANに反応が出た。(自宅を探査するために買ったわけじゃないが・・・)

おぉ、ちゃんと動くじゃん・・・


1,500円ほどできちんと機能する・・・ようだ。

ただ、私が買ったものはACアダプタのコンセントの形状がCタイプだったので、C→A変換アダプタが必要になった。

電圧的には100V-250Vのユニバーサルタイプでコンセント形状だけが困ったちゃんなのである。

よく見りゃ、文言でそう書いてある。(写真で見て判断したのがまずかった。Aタイプのものが写っていた。)


届いてから気づくなよ・・・である。


で、同じもので1,800円でAタイプのACアダプタ付属ものを買った方が安かったな・・・と、反省。


C→AアダプタはYAZAWAのHPJP3。近くの大きい電気屋(ちなみにK's)で扱ってた。(400円弱)

画像



もし、CC308+を買おうという方がおられれば、参考にしていただければ・・・


ま、いずれにしても、これは常時電波を発するタイプの第一段階の発見用である。

これで見つかれば、第二段階では、音の出るものと広帯域受信機が必要になる。

でないと、絞り込めないんだな。


音の出るもの・・・ラジカセ・・・いまどきカセットはないのでCDラジオの類。

広帯域受信機は、無線機の買い替えの際に考慮しており、機能を内蔵しているものをチョイスしている。


別に、プロを目指すわけではないので、この程度の装備で・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CC308+ 盗聴器発見器 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる