ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS バリアフリー考・・・異譚(拘縮)

<<   作成日時 : 2015/11/29 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1ヶ月ほど、ギプスを着けた。(26日(木)にギプスを外した。)

医者からは、「まだ、ちょっと弱いかも・・・添え木を当てておきましょう」ということで、カットしたギプスの後ろ側を添え木としてゆるく固定。

全負荷をかけるなということなのだ。それと方向性。前後には動かすようにとの指示だが、添え木があると動かない。

この数日、自らマッサージとストレッチを行っている。


最初こそ、ギプスを巻いていた部分に自分のものという感覚がなかったのが、徐々に、感覚が戻りつつある。甲の部分はまだ違和感があるが・・・

そして、拘縮。すっかりと、筋肉が固まっているわけだ。

ストレッチで、前後に動かしているが、なかなか思うようにはいかない。(まだ3、4日だしな・・・)

これを解きほぐすのは大変だろうな・・・

とりわけ、しゃがむ動作が困難。というか、完全にしゃがみ込むことなどできない。

足首の可動域が狭まっているのだ。


この可動域が狭い足首のせいで、階段が降りれない。

これは厄介な問題だな。リハビリ中、ギプスがなくなれば一見健常者のように見えても、足首が動かないせいで階段が降りれない。(登るのは大丈夫)

多分に誤解を生じる状態だなと思う。


改めて、人間の体ってよくできていると思う。

何気ない動作一つ一つが、実に意味があるってことに気づかされた。


この経験が教えてくれるもの・・・バリアフリーは健常者目線では絶対にダメということなのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バリアフリー考・・・異譚(拘縮) ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる