ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS IKEA考

<<   作成日時 : 2015/02/11 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、IKEA新三郷まで行く羽目になった。

実は、少し前から、リビングの一角にウォールキャビネットを設える計画をしていた。

で、カミさんとともに先月に下見に行ったのだが、当初、FAKTUMで企画したのが、扉のデザインの関係でBESTÅに変わった。

で、一転、リプランニング。

出来上がりイメージ図と、部品表を作成し、いざ・・・ということで立川店に行った。

ところがだ、いざ、フロアの係りにプランニング(実際にはピッキングリスト)を作成してもらったところ、BESTÅは4月にシリーズが変わることで在庫のみだという。(新規の補充はしない)

立川店では欲しいものがすべては揃わないことが判明。(港北店でもダメ)


どうする???


幸い、新三郷には十分な在庫がある模様・・・実際あるのはあるが、販売状況如何では揃わなくなる恐れがあって、週末までの猶予はないと考えたほうが良いと思った。


いつ行くの?


今でしょ・・・(チト古いか・・・実際、現場でのかみさんとのやりとり)


ということで、新三郷に行くことになったわけ。(在庫のある店に「行けや」と言われた気分・・・IKEAだけに・・・)


そこで、ふと考える。


これって、おかしくないかい?


確かに、客を動かすことで、自らの余計な輸送コストは避けられる。

当然、運ぶということは、破損等のリスクがつきまとう。


でも、私たちのように、MUSTで動く客ばかりではないはずだ。


ということは、中途半端に売れ残ったものは、組み合わせる対象がなければ、そこで終わるわけで、実に無駄が多くはないか?

実際、ウォールキャビネットのようなものは扉を揃えないことには格好がつかない。

拙宅のプランニングでは11枚の扉が必要となり、これがミニマムというわけではないにせよ、そろわない=買わない・・・という判断になることさえある。

切り替え時のリスクと言えばそれまでだが、店舗同士で融通し客の便宜を図ることで、全体としての売り上げを画策するということは考えないのだろうか?


廃棄コストと配送コストのバーター、それと販売機会逸失の損得勘定がどこまで計られているのか興味を持った。

この販売スキームが最強なのかどうか・・・


だれか知ってたら教えて!


ちなみに、ピックアップの代行サービスを¥2,900(ただし、配送を頼む方のみ)で受けることもできる。


今回は、すべて自分たちで行った。(総重量が約200Kgもあるので大事である。)


200Kg・・・つまり後部座席に大人3人が乗った勘定になるので、特に車として運べないというわけではない。

が、サイズが意外と長いのがあって、後部座席を倒し、助手席を前に寄せないと乗らない・・・っていうかそれでも乗ったことに感動・・・状況だった。


かみさんには少し窮屈な思いをさせ、自宅まで車で運んだ。(とりあえず、スタート地点には立てたかな・・・)


長い1日だった。そして、考えさせられる1日になった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IKEA考 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる