ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 理解している

<<   作成日時 : 2014/08/30 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コンプラ絡みで、部門の指導を行った際のこと。

最初、メールで必要事項を伝えた。

というのも、その事項自体は、全社規程として周知されている。

メールではそんなことは理解している・・・という話だったので、改めて電話で聞いてみた。


そしたら、「そんな指示は具体性が無くて、分からない。もっと、具体的に何をしたら良いのかを指示してくれと言うではないか・・・


あきれた


ルールを理解しているということは、それに対する対応方法まで熟知しているということの筈なのに、それが分からないと言う。


で、理解している・・・だと・・・


こいつは狂ってるな・・・


でも、実は大方のところが、「理解している」というのは、知っているという程度のことを、格好を付けて言っているに過ぎないのかもしれないと気付く。


Oh my GOD!!


同時並行的に、別な仕事でプレゼン資料をレビューしていたら、同じように「理解している」という言葉がでて来た。


で、その作者に問うてみた。


これって、本当に理解しているの?(客観的評価なの?)


「・・・」


あらら・・・


こっちもそうか。


理解しているということはどういうことなのか?


きちんと定義しておいた方が良いな。


知らない:無知、即ち、そのことを知らない。

教わった(なんか、聞いたことある):人から聞いたり、教育を受けたことがある。

知っている:これが厄介なところで、知っているにはレベルがある。
               例えば「言葉として知っている。」と「内容を知っている。」では、全然違う。
               とは言え、この段階は、意味が分かっているワケではない。

理解している:意図することが分かっていて、対応することが出来る。

このように定義しておいて、貴方はどの段階にいますかと聞いた方が良さそうだ。


自己申告は、往々にして誇大広告のようになるものだから。


なんだかなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理解している ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる