ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS コンプラ担当から新人バイヤーへの提言・・・その5

<<   作成日時 : 2014/06/07 06:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5 手順を考える

業務には、手順(実行のプロセスフロー)ってものがある。

その手順は何故そういう並び(構成)なのかを考えること。

なぜか?

考えないで、その手順を実行することは容易い。

しかし、それではいけない。


もう一度言う、何故その手順は、そういう並び方なのかを考えること。


普通、その手順(実行のプロセスフロー)は、先人たちが組み上げたものの筈だ。

そう、先人たちの知恵だった・・・はずなのだ。

ところが、その手順とて普遍性があるというワケではない。(普遍性のあるものも中にはあるが・・・)

手順通りやってみて、不都合があれば、それは以下のような問題を含んでいる可能性がある。


(1)その手順が現在の要求(仕事)に合わない

   その手順が既に陳腐化している。(仕事の方が、進化していってしまっていることがある。)

   定期的にちゃんと見直しているのかを、まず確認すること。3年も前の手順が通用するほど、世の中甘くないと思え。

   お役所仕事ならともかく、貴方のやっている業務は、時代の波にさらされているのだ。

   いつまでも同じやり方が通用する方がどうかしている。

(2)その手順が、元々間違っている

   その手順を考えたのは誰か? 先にも述べたように先人たちであろう。

   その先人たちがそういう手順にした理由を貴方は知らない。

   何らかの理由でそうなっているからと言って、それがすべてにおいて正しいワケではない。

   まず、疑ってかかってみろということである。

(3)手順を誤解した

   マニュアル化されていれば間違う筈もないのだが、貴方に伝わったのがOJTだったりする。

   OJTは、時としてマニュアル通りではなく、そのOJTをしているチューターの癖が入り込んでいる可能性がある。

   すなわち、貴方自身の誤解ではなく、貴方に伝わるまでに誤解が組み込まれている可能性があるということなのだ。

   それを、鵜呑みにしたら、貴方自身もやはり誤解したままとなる。

   癖というのは、個体差を生じさせるので、その人に取っては最適かもしれないが全員に最適なワケではない。


どうだろう。

漫然と仕事をするのではなく、改めて、その仕事に向き合ってみると良い。


そして問うわけだ。


今の仕事は、理にかなったやり方になっているか?

最大のパフォーマンスでもって実行できているのか?



なぜ、貴方が問わなければならないのか?


年寄りたちには、もはや、それを変える元気が残っていない。(場合によっては気付けない)

中堅たちは、それを力技でもやっつけられるから、変える必要がない。(残業でカバーしてたり・・・)


そして、貴方たち新人は、とりあえず教わった方法でやろうとする。

最初の内はそれでも良い。

でも、何だかやりにくいのではないか?

しっくりこないのではないか?

そう感じるようになったら、立ち止まって考えてみよう。


流されるままに業務をし続けるのではなく、意味ある停滞を選ぶべきなのだ。

そして、手順が最適化されれば、すぐにロスは取り返せるのだ。


定期的に手順を考えることを忘れてはいけない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンプラ担当から新人バイヤーへの提言・・・その5 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる