ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ失格・・・その7

<<   作成日時 : 2014/03/23 17:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎度のことながら、ホント、考えさせられることが多い。

そして、思うわけだ。

こいつ(ら)、プロなのか?

先日、納品でトラブルが発生した。

着荷時に梱包箱に破損があったということで、受け入れ部門が持って帰れと指示したとのこと。

で、例のバイヤー氏がその様なメールを送ってきた。

おもむろに、部下に、詳細確認して報告するように伝えた。

結果は、着荷時にドライバーが梱包箱に穴があいてしまったと申告してきたということで、受け入れ部門は梱包をほどくことをドライバーに確認、箱を開けてみたところ品物にキズがついていたので、持って帰らせたとのこと。

一見、普通のように感じられるかもしれないが、大きなミスがある。

(1)状況保全を行っていない
   本来、荷崩れなどの輸送事故は、保険の関係があるので、状況証拠を残すために写真を撮る。
   今回、確認したら、写真はないと言う。

   あきれて、ものも言えなかった。

(2)中味の確認のために箱を開けて良いかどうかをドライバーに確認した
   聞く相手が違うだろッ?

   当社は基本契約上で、受け入れるまで危険負担を取引先に負わせている。
   所有権移転も受け入れる(検査合格)まではしない。

   所有権がない以上、輸送事故に首を突っ込んではいけない。

   また、運送屋は運ぶという事務の委任を受けているだけなので、仮に輸送事故を起こしたとしても、その確認を第三者(荷受人)に委ねる裁量はない。(保険がかかっている以上は、荷主、または契約保険会社のオプの指示に従うべき、場合によっては警察とか・・・)
   つまり、自分の裁量で箱を開ける判断をして良いワケではない。
   
(3)キズがついていたので返した
   聞き方が悪かったのか、キズがついている数が分からないとのことだった。
   中見たんだったら、ちゃんとやれよ・・・である。

こういった場合は、まず、荷主に一報を入れて、後の判断を任せるのが正しいやり方。
もし、代理で見てくれと言われたら見れば良いし、返送してくれと言われたら返送すれば良い。

なぜか?

自らの裁量が及ぶということは占有移転したと解されるから・・・

だから、手を出したくても、ひたすら我慢。

そういった基本動作ができていない。


これじゃあねぇ・・・プロ失格だよなぁ・・・

そんなこんなで、今日も一日が終わった。何だかなー(阿藤快の心境)である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ失格・・・その7 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる