ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも、バイヤーか?・・・その6

<<   作成日時 : 2014/01/18 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎日のように、得体の知れない事象に出くわす・・・

コンプラ担当ながら、バイヤーのスキルに疑問を持つ事が多い。

今日もまた、繰り広げられるおバカな話・・・

これ、笑えない。

とあるハーネスの納期変更の通知(アラート)が入った。

実は、調達システムを監視している。

そう、モニタリングってやつ。

イベント毎に設定したアラートが上がる仕組みになっている。

実際、調達システム自体で監視できるワケではなく、DBのレプリカを一定間隔で外部プログラムによりイベントチェックしヒットするとメールを飛ばすようにしてある。

レプリカは当然別のサーバーにおいているので、調達システムに負荷は掛からない。

でだ、サプライヤーから、納期に納品できないと言ってきた事象がヒット。

ハーネスのコネクタが入らないと言う。(1週間ほど猶予が欲しいとのこと)

で、図面を見てみる。(DMSの仕組みがあるので、物件情報からDMSの連携機能を使って即座に図面を見ることができる。)

なんだ、ATXの電源ケーブルに毛が生えた程度のしろものじゃないか・・・

これの部品のどこが調達難航品なわけ?

& あれ、サプライヤー違うじゃん。(ま、最初のメールの段階でサプライヤーが違うことは承知してたけど・・・)

電子部品の商社に注文してる。

なんでだ? 

それに、この値段、誰が見立てたんだ? めちゃめちゃ高い。

で、こういったことを起こしているのは・・・例のバイヤーなわけ。

「発注ボタン押しただけかよぉ」である。

仕方が無いので、設計担当に事情聴取。元々同僚だったりしたわけで、変なことするやつじゃあ無い。

話を聞いて納得。

結局、そのバイヤーに全くセンスがないことが判明。

ま、仕方ないんですけどね。(もうあと少しで引退で、腰掛けてるだけ。)

そもそも、バイヤーってのは、自分の担当品目のサプライヤーパークの管理をしてるわけで、どこに発注するのが適当なのかを知っている筈。

そこに全く違うサプライヤーの指名買いが入ったとしたら、やっぱり確認するだろ?もしくは、拒否するだろ?

それに、図面見て値段が分かる筈だから、3倍も5倍もする値段の見積りが出たら、それってお断り見積りだと思えよ・・・である。

鵜呑みにして発注ボタン押すから、相手も渋々&嫌々作る。(試作品だから、数も少ないけど)

ま、外注するわけだろうけどさ。

あげく、「納期守れません」と来た。

で、恥の上塗りは、請求部門(設計)に確認せずにOKしてしまっている。(どう、弁解するつもりかねぇ?)

図面が読めないから価格査定できない。
&、類似商材の知識が無いから、横にらみで適正価格の頃合いが分からない。

ため息しか出てこなかった。

部下に、情報共有のために話をする。

そしたら、「そのバイヤーに話しましょうか」・・・と来た。

「やめとけ、逆ギレされるだけだから」と、返した。

一段落したところで、いつものように思うわけである。(叫ぶ気力も湧かない)

それでもバイヤーかよ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも、バイヤーか?・・・その6 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる