ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ失格・・・その5

<<   作成日時 : 2013/12/12 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎度のことながら、ホント、考えさせられることが多い。

そして、思うわけだ。

こいつ、プロなのか?

とある案件で、手続上の粗相をした人がいた。

こういった場合、コンプラ担当としては教育的指導を行うわけだけれども、カンファレンスの事前になぜなぜ分析をしてもらっている。

なぜなぜ分析というのはトヨタ発の問題解決(解析)の一つの手法であるのはご承知の通り。

実際、WEBでもいろいろな方がいろいろな論説を展開されているし、また相互批判も多いネタになっている。

本来、なぜなぜ分析とは、原因を突き止めるために、なぜそうなったのかと言うことを繰り返し問うて行くものなので、誰がやっても同じ結果に・・・たどり着かない。

これは、そのツールの本質が理解されないことにあるわけだけれども、ここではそういう話がしたいわけじゃない。

粗相の原因は、チェックポイントが有効に機能しないで、粗相そのものがそのまま外に出てしまったからなのだが、問題は、なぜ、チェックポイントが機能しなかったのかである。

そのチェックポイントは部門の上位決裁者によるもの、購買担当、購買の上位決裁者による多重チェック構造になっている。

まず、なぜ部門の上位決裁者を素通りしたのか?そして、購買の決裁を素通りしたのか?

カンファレンスの席で、推測ではあるものの、部門の上位決裁の素通りの原因は事情を良く知っていたからだと言う弁解をした人がいた。

突っ込む気にもなれず、あぁそうか・・・と相づちはうっておいた。

なぜか?

職制というのは、常に当事者でありながら第三者でなければならない。

なぜ、第三者なのか?

それは、客観的に物事を見なければならない瞬間があるからだ。

そして、それができるからこそ、職制に抜擢されている。

今回は、その第三者が不在だった。

購買部門に至っては、時間外のことで、捌きに徹したのみ。(要は、何も確認していない)

これじゃあねぇ・・・プロ失格だよなぁ・・・

そんなこんなで、今日も一日が終わった。何だかなー(阿藤快の心境)である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ失格・・・その5 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる