ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 死を覚悟するとき・・・その2

<<   作成日時 : 2013/04/08 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれから2ヶ月・・・

3月に入り、抗がん剤治療のレベルが上がったようであり、苦しそうにしている姿が無くなった。

このところ、病状についても特に本人からは何も申告がなかった。

が、それは突然やってきた。

先週の検査結果で、医師が抗がん剤治療の終止符を告げたそうだ。今日、その申告があった。

いったんは改善傾向に見えた症状も、日を増すにつれ元に戻っているという事だ。

実際は、痛み止めを大量に摂取する事で凌いでいたようだ。

(私は、ちょうど、別の事務所に駐在を命じられ、ここ1ヶ月ほどは、あまり顔を見ていなかったが、今日改めて、面談をしたところ、やせた感がハンパなかった。&黄疸がでているみたい・・・)

もう時間がない。・・・と、思った。

想定していたとは言え、ご本人も苦渋の選択を迫られている様子が伝わってくる。

本当なら、仕事どころではない筈だが、持ち前のタフさからか、律儀に会社に来られている。

(休職手続きのために、医師の診断書がいる。そんなの待ってられない筈なのに・・・)

「無理はなさらないでください。つらかったら、休暇を取ってください。」そう伝えるのが精一杯だった。

他に、適当な言葉も見つからない。

人財を失う事が予定されている・・・という状況。

目の前の人が死に向かって歩んでいる。

なのに、何も出来ない。この無力感は始めての経験だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死を覚悟するとき・・・その2 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる