ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年を読み解く会

<<   作成日時 : 2013/01/27 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

購買ネットワーク会で、毎年1月にその年がどんな年になるのかを予想する。

昨年に引き続き指名いただき、「海外生産シフト加速による下請企業との付合い方〜離婚か心中か、あるいは勝ち組タッグ形成か?」というテーマで発表をさせていただいた。

坂口先生から別な意見を頂戴したが、時間も押していたので、そのままコメントはしなかった。

坂口先生とはHUBでもお話をしたのだが、業界が違うと下請の概念がかなり違う。

論理的なものではなく感覚的なものという意味で・・・

私の属する電機業界は資本金が数百億、数千億という大手が、実に5千万円以下の下請を直に使っている。

自動車会社の某大手は、「うちは下請取引をしていない」と仰せで、この差は歴然である。

こういったギャップは、おそらく読み解く会のオーディエンスの中にも存在している筈で、敢えてそこを切り出す事は是非論があろう。

私のこの手のプレゼンへの向き合い方は、相手の判断の裁量に任せる部分は手を付けない。その手前で話をやめるから、その先に知識のない人たちには記憶されない。

ややもすると、不完全燃焼の感をもたれる方がいるかもしれないが、そこから先に、自らの意見を付け足して自分なりの結論にしていただきたいと思っている。

こういった会には、そう出来る方だけが参加する意義を見いだせるのではないか?

今年は参加人員が大幅に減った・・・というか、例年の規模に戻った?

だからこそ、参加人数が減ったとかというような比較は意味を持たないのではないかと思っている。

一つ提案だが、バイネーム(会社名込み)で参加人員のトレンドを見ると面白いのではないかと思う。
だれが、毎回くるのか・・・一見さんなら、その増減に一喜一憂するべきではないし、それで、コンテンツの出来を判断も出来ないとも思う。

前回から、会場を拡大したけれど、その前はこじんまり?とやっていた。実は、アレが本当の姿のような気がする。

だからこそ、今回の人員規模が適正水準で、去年がお祭りだっただけのような気がしてならない。

そもそも、読み解くというのは、まだ、結果がでているワケではないから、あくまでも推論である。

興味が湧くか湧かないか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年を読み解く会 ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる