ろしーの日記な気まぐれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年を読み解く その1 購買ネットワーク会でのプレゼンの補足など

<<   作成日時 : 2012/02/01 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、第1回目。

実は、こんな風に始めようと思った、

「突然ですが、あなたの給料は安いですか?それとも高いですか?」

一瞬、間が開くよな。(たぶん)

上記のように聞かれて、高いと答える人はいないだろう。これは、リクルーターも指摘しているように、概ねというか、ほぼ全員が「安い」と言うそうな。それはさておき、今回使用したデータの出所を記しておきたいと思う。

まず、統計局の労働、賃金に関するページに掲載がある。

http://www.stat.go.jp/data/nihon/16.htm

(1)賃金:16章の10番目だったのだが、本日現在入れ
   替わってしまっている。
   これは想定外だな。タイトルは産業別常用労働者1人
   平均月間現金給与総額・・・現在の16−23なの
   だが、どうも、データが違うみたいだ。

(2)賃金推移:グラフのところの38番でエクセルデータを
   使用した。(これも違っているのは言うまでもない)

   幸いこれらのデータは加工前の状態でPCに保存は
   しているが、役所のデータで著作権はそちらにあるから
   開示する訳にもいかない。(あー困った)

その他には、連合の平均賃金・賃金水準の推移を確認した。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/shuntou/2011/shuukei_bunseki/02.html
http://www.jtuc-rengo.or.jp/roudou/shuntou/2011/shuukei_bunseki/03.html

で、まず連合の言うところの典型労働者「高卒35歳技能職」

の水準を特定する。

なぜか・・・

今回の「下請け企業が全崩壊する日」で取り上げたのは

あくまでも製造業というくくりだけだからだ。

製造業は早くから海外へ生産をシフトしている。

それが、このプレゼンでは一つの仮説としてシフトが製造業

全体に及ぶというシナリオを描いた。

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年を読み解く その1 購買ネットワーク会でのプレゼンの補足など ろしーの日記な気まぐれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる